ブログ

2010/04/21 かぴぱら

復活!!

 

まさかまさかの復活でございます。

 

偉大なるエンターティナー、

 

ついに重い口を開けてくれました。 

 

先日、電気屋さんに行って

 

次に買うパソコンを決めたので、

 

きっと寂しくなったのでしょう。

 

もう暫く大事にしてあげようと思います。

 

なので、久しぶりに溜まっていたDVDを

 

観ることができました!

 

『空気人形』

 

 

久しぶりの邦画です。

 

人形が心を持ってしまう

 

というお話で

 

とてもディープな映画でした。

 

 捉え方は人それぞれだと思いますが、

 

この映画は現代の豊かな物質社会と、

 

それに対して空虚な人間の心を描いている

 

ように感じました。

 

沢山の物で溢れ人との繋がりが薄くなりつつある昨今、

 

空っぽになった心を埋めるのは、物である代用品。

 

人間の心を扱うのは面倒くさいと感じる人が多いのでは。

 

 でも結局は、人の心は人でしか埋めることはできないのだと。

 

人間として心を持って生まれてきたということ。

 

それは美しいことと醜いことの表裏一体。

 

嘘をつくということ。

 

妬むということ。

 

怒るということ。

 

嬉しいと感じること。

 

楽しいと感じること。

 

愛するということ。

 

人をもっともっと大切にしよう、愛そうと思う

 

良い映画でした。

 

 

 

 

タイ古式マッサージ ASHIYAバンクンメイ 本町アリエッタ店 かぴぱら

 

アーカイブ