ブログ

  • TOP
  • ブログ一覧
  • あるところに ひとりの貧しい農夫がいました

2012/07/21 *olieve*

あるところに ひとりの貧しい農夫がいました

 

本日は久し振りの

*olieve*の 感動したお話です☆

 

 

********************************************

あるところに、
ひとりの貧しい農夫がいました。

この農夫は水飲み場に行くたびに、
水に映る自分のみじめな姿を見てため息をもらしていました。

(こんなに生活が苦しくっちゃ、幸せなんかとても手が届かねぇ…)

その日もいつものように水飲み場でため息をもらしていると、
あまりにも悲しくなって涙がこぼれ、
水に落ちました。

すると突然、
水の精が現われたのです。

「ずいぶんと悲しいようだねぇ」
と水の精は言いました。

「あんたの欲しい幸せってどんなものなんだい?

言ってみな。

そのとおりにしてやるからさ」

農夫は勢いこんで望みを並べたてました。

お城に住んで、
庭には魚も泳ぐような大きな池があって、
金銀財宝に囲まれて、
きれいな服を着て…。

「これが全部かなえば、もうまちがいなく幸せになれますだ!」

「よく考えなよ」
と水の精は言いました。

「急がなくてもいいんだから、
ようく考えてからにしな。

おれが消えたら、
もうそのあとで望みを変えることはできないんだぜ」

そこで農夫はよく考えて、
ダイヤモンドの装身具、
見わたすかぎりの土地、
小麦粉がどんどんあふれてくるような立派な水車
(なにしろこれがあればもう飢える心配はありません)
などを追加しました。

「最後にもう一度よく考えるんだな!

何か忘れちゃいないかい?

もうすぐおれは消えるぜ」

農夫はもう何も思いつきませんでした。

そこで、
「そんなら、土地をもっと増やして…
王さまよりも広い土地を頼みます」
と言っただけでした。

「そう言うんだら、ま、お望みどうりにしますかね」
と水の精は残念そうに言いました。

さて、水の精が消えたと思ったら、
農夫はもうお城の中にいました。

まわりには金銀財宝が積みあげられ、
窓から外を見れば地平の果てまで豊かな土地が広がっています。

けれども、
農夫のそばにはだれもいませんでした。

妻も、
子どもたちも、
友人たちも…。

農夫はひとりぼっちになってしまいました。

まったくのひとりぼっちに…。

********************************************

 

自分にとって

一番大切な事って何でしょうか

 

大切なものを

是非 思い浮かべてみて下さい

そして 「ありがとう」を伝えてみませんか

 

 

タイ古式マッサージ大阪

バンクンメイ本町アリエッタ店

*olieve*

 

 

アーカイブ