ブログ

2012/06/11 *olieve*

梅雨の時期に起こりうる体の不調

 

先日 遂に梅雨入りしましたね♪

個人的には梅雨の時期は

ジメジメしていて

余り 好きではありませんが

雨は そんなに嫌いではありません♪

 

ところで

梅雨の時期に限らず 天候で気温・気圧・湿度などが変化して

様々な症状の変化の原因になる病気を 

「気象病」

と 学術用語で言われています

 

 

そして

雨になると気圧が低下することにも関係しますが

気象病の一番の原因は

「ヒスタミン」だそうです

そして ヒスタミンによる様々な影響をご紹介致します

 

■1:血圧低下
ヒスタミンには血管を拡張させる作用があります。血管が拡張すると、血圧が下がります。



■2むくみ悪化
ヒスタミンには血管から水などを周辺に滲出させてしまう作用があります。滲出が多くなると、余分な水分などが溜まってしまい、むくみが発症します。

また、血液が漏れることでも血圧が急低下し、身体がバランスを取ろうとした結果、身体の各部が大気を押し返そうとします。この時、ひとつひとつの細胞が膨張ぎみになってしまいます。

■3:痛み増加
細胞が膨張することで、神経と周囲の器官が触れやすくなるため、痛みに過敏になると考えられています。

血行不良とむくみも手伝って疲労物質が溜まり、体液のカルシウムイオンが薄まって筋肉や神経が過敏になることでも、痛みが増してしまいます。

 

 

何だか 余り大きな事と捉えていませんでしたが

実は怖い作用があったのですね

特に女性にとっては浮腫みは大敵ですから!!

 

対処法としては・・・

実は意外と簡単なんです♪

お風呂に浸かるのが効果的だと考えられています

溜まってしまった水分や疲労物質を出したり

血行促進することで老廃物も出ていきやすい状態になるのです☆

お風呂の前後には コップ一杯の(出来れば常温の)お水を飲んで

水分不足にならないように気を付けて下さいね☆

 

週末には 一週間分の疲れを出す気持ちで

バスソルトを入れたり

リラックス出来る入浴剤を使ったり

半身浴などをしてみてはいかがでしょうか♪

 

半身浴をされる際は

お水にペットボトルを持ち込んだりして

特に水分補給をしっかりとして頂くと

老廃物が更に出ていきやすくなりますので

是非 お試し下さい♪

 

一緒に

ピカピカのお肌と元気な体で

今年の梅雨を乗り切りましょう♪

 

 

タイ古式マッサージ大阪

バンクンメイ本町アリエッタ店

*olieve*

 

 

アーカイブ